ナオセル
使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!
iPhone 起動しない時の「原因と対処法5選」

iPhone 起動しない時の「原因と対処法5選」

公開日 更新日
目次
  1. iPhoneが起動しないで困っていませんか?
    1. iPhoneが起動しない時に考えられる原因「5選」
      1. 原因1:バッテリーが劣化している
      2. 原因2:iPhoneが高温になっている
      3. 原因3:アプリを同時に開きすぎている
      4. 原因4:容量を使いすぎている
      5. 原因5:古いiPhoneを使っている
    2. iPhoneが起動しない時の対処法「5選」
      1. 対処法1:しばらく待つ
      2. 対処法2:再起動
      3. 対処法3:強制再起動
      4. 対処法4:充電
      5. 対処法5:初期化(ソフトウェア更新)
    3. iPhoneが起動しないなら「ナオセル買取」で買取に出しませんか?
      1. iPhoneを格安でゲットしたいなら「ナオセルフリマ」
        1. iPhoneが起動しない状態になったら買い替えのタイミングです

          iPhoneが起動しないで困っていませんか?

          「デジタルデトックス」という言葉があるように、あえてiPhoneを触らない時間を設けようとするほど、私たちの生活の中でiPhoneを使っている時間は長くなっていると思います。

          そのような中で、「iPhoneが起動しない」状態になり、フリーズして使えなくなると困ることでしょう。

          そこで、今回はiPhoneが起動しない状態になった時の原因と対処法を解説します。

          iPhoneが起動しない時に考えられる原因「5選」

          まずはiPhoneが起動しない時に考えられる原因を5つ解説します。

          原因1:バッテリーが劣化している

          iPhoneにはリチウムイオンバッテリーが搭載されていますが、そのバッテリーが劣化してしまうと、十分な電気がiPhone本体に供給されずに、電源が落ちたり、起動しないことがあります。

          バッテリーが劣化している場合は、iPhoneを購入した通信キャリアやアップルストア、またはiPhone修理店でバッテリーを交換するか、新しいiPhoneに買い替えましょう。

          原因2:iPhoneが高温になっている

          iPhoneを直射日光が当たる屋外や、夏場の車内に置いたままにすると、iPhoneが高温になり、起動しないことがあります。

          特に車内では、夏場の運転中に助手席にiPhoneを置いているだけでも、高温になることがあるので、日陰になる場所に置くように気をつけましょう。

          原因3:アプリを同時に開きすぎている

          iPhoneの中には多くのアプリがあり、次々と便利なアプリがリリースされるので、気をつけないとインストールするアプリの数は増えるばかりです。

          さらに、一度に開くアプリが増えすぎても、iPhoneの電源が落ちたり、起動しない状態になることがあります。

          使っていないアプリは定期的に閉じるようにしましょう。

          原因4:容量を使いすぎている

          iPhoneには保存できるデータの容量が決まっており、その限界値に近づくとiPhoneの電源が頻繁に落ちるようになったり、起動しない状態が続くことがあります。

          特に写真や動画、アプリなどがデータ容量を圧迫することが多く、写真や動画はパソコンやハードディスクに移し替えて、iPhoneからは削除したり、使わないアプリはアンインストールするなどの工夫が必要です。

          原因5:古いiPhoneを使っている

          古いiPhoneを使っている場合は、デバイス全体が劣化している可能性があり、頻繁に電源が落ちたり、起動しないことがあります。

          この場合は、複合的な原因が考えられるので、新しいiPhoneに買い換える方が良いでしょう。

          iPhoneが起動しない時の対処法「5選」

          続いては、「iPhoneが起動しない」状態に陥った時の対処法を解説します。

          上記の項目でも個別の対処法には触れましたが、それでも改善されない場合は、以下の方法をお試しください。

          対処法1:しばらく待つ

          iPhoneが起動しない時は、まずは5分ほど待ってみましょう。

          特に古いiPhoneやデータ容量が増えすぎているiPhoneの場合は、データの処理速度が落ちている可能性があり、しばらく待つと改善されることがあります。

          闇雲に色々なボタンを押さずに、まずはしばらく待ちましょう。

          対処法2:再起動

          iPhoneが起動しない時には、再起動を試してみましょう。

          iPhoneが起動しない時以外にも、iPhoneの不具合が起きた際には、再起動をすれば大抵の不具合は解消できます。

          iPhoneの再起動の方法は、世代ごとに異なります。

          ▼iPhoneX以降の機種を再起動する方法

          • 手順1:サイドボタンとボリュームボタンの上下どちらかを長押しする
          • 手順2:「スライドで電源オフ」の表示を右にスライドさせると電源が切る
          • 手順3:Apple社のリンゴマークが出るまでサイドボタンを長押しする

          これで再起動が完了します。

          ▼iPhone8以前の機種を再起動する方法

          • 手順1:サイドボタンを長押しする
          • 手順2:「スライドで電源オフ」の表示を右にスライドさせると電源が切る
          • 手順3:Apple社のリンゴマークが出るまでサイドボタンを長押しする

          これで再起動が完了します。

          対処法3:強制再起動

          iPhoneの再起動を試してみても改善しない場合は、強制再起動を試してみましょう。

          こちらも世代により方法が異なります。

          ▼iPhone8以降の機種を強制再起動する方法

          • 手順1:音量ボタンの「上」を押す
          • 手順2:音量ボタンの「下」を押す
          • 手順3:サイドボタンを画面が消えてもしばらく押したままにする
          • 手順4:Apple社のリンゴマークが出てきたらサイドボタンを離す

          これで強制再起動が完了します。

          ▼iPhone7シリーズを強制再起動する方法

          • 手順1:音量ボタンの「下」とサイドボタンを長押して、画面が消えてもしばらく押したままにする
          • 手順2:Apple社のリンゴマークが出たら離す

          これで強制再起動が完了します。

          ▼iPhone7以前の機種を強制再起動する方法

          • 手順1:ホームボタンとサイドボタンを長押して、画面が消えてもしばらく押したままにする
          • 手順2:Apple社のリンゴマークが出たら離す

          これで強制再起動が完了します。

          対処法4:充電

          iPhoneが起動しない時には、電源がiPhone本体にうまく伝わっていない可能性が考えられます。

          十分に充電をしていても、うまく通電しないことはあります。

          そのため、試しに充電をしてみてください。充電することで、通電するきっかけとなる場合があります。

          対処法5:初期化(ソフトウェア更新)

          iPhoneが起動しない時の最終手段として「初期化」があります。

          iPhoneを初期化する前には、「データのバックアップを取ること」と「iPhoneを探すをオフにすること」が必要です。

          iPhoneを初期化すると、データが消える可能性があるので、十分に注意しましょう。

          初期化に関する詳しい方法や注意点は、以下の関連記事をご覧ください。

          ▼関連記事
          iPhoneの初期化を強制的にする3つの方法!手順や注意点も詳しく解説

          iPhoneが起動しないなら「ナオセル買取」で買取に出しませんか?

          iPhoneが起動しない状態になり、どうしても改善されない場合は、買取に出して、新しいiPhoneを買うしかありません。

          しかし、iPhone買取店の中には、電源が入らないiPhoneや、操作できないiPhoneは買取してくれないことも多々あります。

          そこで、ナオセル買取ならどんなiPhoneでも100%買取しているので、ご安心して査定依頼をしてください。

          どんなに画面がバキバキに割れているiPhoneでも、水没して電源が入らないiPhoneでも、必ず買取します。

          ナオセル買取はこちら
          使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!

          iPhoneを格安でゲットしたいなら「ナオセルフリマ」

          ナオセルは「壊れたiPhoneの売買に強いマーケットプレイス」です。

          ナオセルフリマはナオセルが運営する、フリマサービスです。

          ナオセルフリマには、多くの壊れたiPhoneが格安で売買されており、中には画面が少し割れているだけ、一部の機能が使えないだけで日常使いはできる「ジャンク品のiPhone」が出品されています。

          フリマサービスなので、いつどんなiPhoneが出品されるかはわかりません。

          お得にiPhoneをゲットしたい方は、ぜひ定期的に覗いてみてください。

          ナオセルフリマはこちらです。
          ナオセルでお得にスマホを買おう

          iPhoneが起動しない状態になったら買い替えのタイミングです

          iPhoneが起動しない状態になる原因は様々考えられます。

          個別に対処しても改善しない場合は、強制的に再起動するなどの対処法も試してみましょう。

          それでも改善しない場合は、iPhoneを買い換えるタイミングだと思うしかありません。

          ナオセルフリマでは、iPhoneがお得にゲットできる可能性があるので、ぜひ一度覗いてみてください。

          ナオセルフリマはこちらです。
          ナオセルでお得にスマホを買おう

          この記事を書いた人
          関連する記事
          iPhoneの初期化を強制的にする3つの方法!手順や注意点も詳しく解説
          iPhoneの初期化を強制的にする3つの方法!手順や注意点も詳しく解説
          iPhoneを初期化する方法を詳しく解説します。新品のiPhoneを購入した時には、画像や動画、連絡先などは入っていないため、購入後に必要なデータを入れたり、以前使っていたiPhoneから移行させる必要があります。
          2022/10/25 08:38
          iPhoneの捨て方・処分方法を徹底解説!無料回収、下取り、買取など6つの方法を紹介!
          iPhoneの捨て方・処分方法を徹底解説!無料回収、下取り、買取など6つの方法を紹介!
          iPhoneの捨て方や処分方法について6つの方法を詳しく解説します。「古い機種だから中古でも売れないでしょ?」「保管しててもそんなに場所を取らない」などの理由で、古いiPhoneを自宅で保管したままという方も多いのではないでしょうか?しかし、古いiPhoneは出来るだけ早く処分した方が良いのです。
          2022/10/30 07:13
          【壊れたiPhone】を安全に処分・廃棄する5つの方法と初期化できない場合の注意点
          【壊れたiPhone】を安全に処分・廃棄する5つの方法と初期化できない場合の注意点
          iPhoneの処分・廃棄方法は意外と選択肢が多くありますが、壊れたiPhoneの場合は無料でのリサイクル回収が中心になってしまいます。しかし、ナオセル買取であれば、どんな状態の壊れたiPhoneでも100%買取してもらえます。壊れたiPhoneの処分・廃棄を検討している方は、まずはナオセルのサイトをチェックしてみてください。
          2022/10/12 11:26