ナオセル
使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!
iPhoneを強制的に初期化する3つの方法!手順や注意点も詳しく解説

iPhoneを強制的に初期化する3つの方法!手順や注意点も詳しく解説

公開日 更新日
目次
  1. iPhoneの「初期化」について詳しく解説!
    1. iPhoneの初期化が必要なタイミング
      1. タイミング1:iPhoneに不具合がある時
      2. タイミング2:中古で販売する時
    2. iPhoneを強制的に初期化する前にやるべきこと
      1. やるべきこと1:「バックアップ」を取る
      2. やるべきこと2:iPhoneを探すをオフにする
    3. iPhoneを強制的に初期化する方法
      1. 方法1:リカバリーモードで初期化
      2. 方法2:iPhone本体で初期化
      3. 方法3:DFUモードで初期化
    4. 初期化したiPhoneを売るなら「ナオセル」がおすすめ

      iPhoneの「初期化」について詳しく解説!

      新品のiPhoneを購入した時には、画像や動画、連絡先などは入っていないため、購入後に必要なデータを入れたり、以前使っていたiPhoneから移行させる必要があります。

      今使っているiPhoneをこの出荷時の状態に戻すことを「初期化」と言います。

      iPhoneを使っていると、iPhoneを「初期化」しなければならないシーンがあります。

      そこで今回はiPhoneを初期化する方法を詳しく解説します。

      iPhoneの初期化が必要なタイミング

      iPhoneを初期化する必要が出てくるタイミングは、「iPhoneに不具合がある時」と「iPhoneを中古で販売する時」の2場面が考えられます。

      タイミング1:iPhoneに不具合がある時

      iPhoneを1〜2年使っていると少しずつ動作が遅くなってきたり、不具合が出てくることがありませんか?

      そのような時に、iPhoneを初期化して、一度データをリセットすることでiPhoneの不具合が解消されることがあります。

      iPhoneの全ての不具合がデバイスの故障というわけではありません。

      iPhoneの不具合を感じた際には、修理に出したり捨てたりする前に、まずは初期化を試してみましょう。

      タイミング2:中古で販売する時

      新しいiPhoneを買った際には、今使っているiPhoneを中古で販売したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

      人気の機種やカラーであれば早く売ることで、比較的高い値段が付くこともあります。

      中古で売ろうか悩んでいる方は、中古のiPhoneの売買が活発的に行われている「ナオセル」に買取相談してみましょう。

      無料で「ナオセル買取」に相談する


      iPhoneを強制的に初期化する前にやるべきこと

      iPhoneを初期化すると、今使っているiPhone内にあるデータが全て消えてしまいます。そのため、こちらの項目では初期化する前にやるべき準備について解説します。

      やるべきこと1:「バックアップ」を取る

      iPhoneを初期化した後に、今使っているiPhoneの状態に戻すために、バックアップを取る必要があります。
      バックアップを取る方法は、2種類あります。

      ▶︎ 「iTunes」でバックアップを取る方法
      ①:iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動
      ②:バックアップを取りたいiPhoneを選択
      ③:「今すぐバックアップ」をクリック

      ▶︎ 「iCloud」でバックアップを取る方法
      ①:iPhoneをWi-Fiに接続
      ②:設定 > ユーザー名 > iCloud > iCloudバックアップ > 今すぐバックアップを作成
      ③:バックアップが終わるまでWi-Fiに接続・電源をつけたままにして待つ

      やるべきこと2:iPhoneを探すをオフにする

      この「iPhoneを探す」機能をオフにせずに初期化してしまうと「アクティベーションロック」がかかってしまい、Apple IDとパスワードを入力しないと初期化後のiPhoneが使えなくなります。

      これはiPhoneを中古で販売する時に、特に注意が必要です。アクティベーションロックがかかった状態で中古販売をしてしまうと、次の所有者とApple IDとパスワードのやり取りが必要になってしまいます。

      中古販売する際には、必ず「iPhoneを探す」機能をオフにしましょう。

      ▶︎ iPhoneを探す機能をオフにする方法
      ①:設定 >>Apple ID、iCloud… > iCloud > iPhoneを探す > オフにスライド
      ②:iCloudのパスワードを入力

      iPhoneを強制的に初期化する方法

      iPhoneを初期化する方法は3つありますので、1つずつ解説します。

      方法1:リカバリーモードで初期化

      ①:iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動 ②:iPhoneの電源を切る
      ③:リカバリーモードに設定する
      ・iPhone X 以降、SE (第2世代)、8シリーズの場合は「サイドボタンを長押し」
      ・ iPhone 7シリーズの場合は「音量を下げるボタンを長押し」
      ・ SE (第1世代)、6シリーズの場合「ホームボタンを長押し」
      ④:「復元」または「アップデート/更新」から「復元」を選択

      以下の関連記事にも初期化に関する内容を記載していますので、合わせてご覧ください。

      「iPhoneは使用できません」って何!?表示された理由や対処方法を解説


      方法2:iPhone本体で初期化

      先ほど解説した方法はパソコンが必要になるため、パソコンを持っていない方はこちらの方法をお試しください。

      ①:設定 >> iPhoneを探す機能をオフ
      ②:iCloudからサインアウト
      ③:再び、 設定 >> 一般 >> リセット >> すべてのコンテンツと設定を消去

      方法3:DFUモードで初期化

      「方法1」と「方法2」では上手く初期化できなかった場合は、「DFUモード」での初期化を試してみましょう。
      これ非公式の初期化方法ですので、データの消去やiPhoneの故障が発生する可能性があります。あくまでも自己責任で実行する必要があります。

      ①:iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動
      ②:iPhoneの電源を切る
      ③:電源ボタンを3秒間押し続ける
      ④:2ボタンを10秒以上押し続ける(機種により方法が異なるため以下に記載します)

      ▶︎ iPhone 6s以前、またはiPadの場合

      電源ボタンとホームボタンを同時に押す


      ▶︎ iPhone 7以降の場合

      ボリュームダウンキー+ボタンと電源ボタン >> 電源ボタンだけを離す >> ホームボタン(ボリュームダウンキー)はそのまま押し続ける


      初期化したiPhoneを売るなら「ナオセル」がおすすめ

      ナオセルは中古のiPhoneが安心して売れる買取サイトです。手元に使わないiPhoneをお持ちの方は、ぜひ買取相談をしてみませんか?壊れて使えないiPhoneでも100%買取可能です。

      こちらのサイトでは、サステナブルな中古スマホライフを豊かに送るためのお役立ち情報を発信していきます。他の関連記事も合わせてご覧ください。

      この記事を書いた人
      関連する記事