ナオセル
使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!
iPhoneを子供に持たせる時に時間制限をつけたい!スクリーンタイム設定や課金制限の方法を解説!

iPhoneを子供に持たせる時に時間制限をつけたい!スクリーンタイム設定や課金制限の方法を解説!

公開日 更新日
目次
  1. iPhoneを子供に持たせる時に時間制限をしたい!
    1. 子供のiPhoneに時間制限をつける「スクリーンタイム」でできる「5つの対策」
      1. 対策1:iPhone使用の時間制限
      2. 対策2:不適切なコンテンツの閲覧制限
      3. 対策3:ゲーム依存への対策
      4. 対策4:有料アプリへの課金制限
      5. 対策5:インストールできるアプリの制限
    2. 子供のiPhoneに時間制限をつける「3ステップ」
      1. ステップ1:ファミリー共有の設定(親御さんのiPhoneでの設定)
      2. ステップ2:スクリーンタイムの設定(親御さんのiPhoneでの設定)
      3. ステップ3:子供用のApple IDでiPhoneにサインイン(子供のiPhoneでの設定)
    3. 子供の現在地を確認することも可能!
      1. 子供用のiPhoneを買うなら「ナオセルフリマ」
        1. 子供が壊したiPhoneを売るなら「ナオセル買取」
          1. 子供のiPhoneに時間制限をつける際にはしっかりと話し合いをしましょう!

            iPhoneを子供に持たせる時に時間制限をしたい!

            今は子供でもiPhoneを始めとするスマホを持つのが当然の時代になり、多くの家庭で「スマホ依存」「ゲーム依存」に頭を抱えていると思います。

            子供が夜遅くまでスマホゲームをして、朝起きれない、学校に遅刻することが多くなり、なんとか改善したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

            このような悩みを改善する手段として、iPhoneを子供に持たせる際に「時間制限」を設定することができます。

            そこで今回は、iPhoneに時間制限をつける方法として「スクリーンタイム」の設定方法について解説します。

            子供のiPhoneに時間制限をつける「スクリーンタイム」でできる「5つの対策」

            子供にiPhoneを持たせる際には、スマホ依存やゲーム依存以外にも様々な心配を抱えている親御さんも多いのではないでしょうか?

            そこで、今回の記事でご紹介するスクリーンタイム機能を使うことで、できる「5つの対策」について解説します。

            対策1:iPhone使用の時間制限

            まずはiPhoneを使える「時間を制限」することができます。

            例えば、「朝7時から夜21時の間しかiPhoneが使えない」というような設定です。

            この設定をするだけでも、子供がiPhoneを持っていても、生活リズムが大きく崩れることを回避しやすくなります。

            対策2:不適切なコンテンツの閲覧制限

            インターネット上には、子供には刺激が強すぎるコンテンツが無数に存在しています。

            スクリーンタイムを設定することで、それらの刺激が強いコンテンツは閲覧できないように制限することができます。

            対策3:ゲーム依存への対策

            子供にiPhoneを持たせる上で一番の悩みが「ゲーム依存」ではないでしょうか?

            iPhoneでも無料でインストールできるゲームアプリが多く提供されているので、色々なゲームが無料で楽しめるのは子供にとっては嬉しいことかもしれません。

            しかし、無制限にゲームをすると依存してしまう恐れがあります。

            そこで、スクリーンタイム内にある設定でゲームアプリの時間制限を設定できます。

            対策4:有料アプリへの課金制限

            iPhoneでインストールできるゲームアプリの中には、インストール自体は無料でもゲーム内のアイテムを購入するのに課金が必要になる場合があります。

            子供が許可なく勝手に課金をしないように、スクリーンタイムで制限を設定可能です。

            対策5:インストールできるアプリの制限

            子供のスマホ依存の原因として、無数にあるアプリを自由にインストールして、次々と新しいアプリを楽しめることが挙げられます。

            そこで、子供にiPhoneを持たせる際に、そもそもゲームアプリや他のアプリを勝手にインストールできないようにしたいという親御さんも多いのではないでしょうか?

            スクリーンタイムを設定することで、子供が持っているiPhoneからでは自由に新しいアプリをインストールできないように設定することも可能です。

            子供のiPhoneに時間制限をつける「3ステップ」

            ここからは、iPhoneを子供に持たせる際に、事前に設定したい「スクリーンタイム」の設定方法を「3つのステップ」に分けて解説します。

            ステップ1:ファミリー共有の設定(親御さんのiPhoneでの設定)

            iPhoneを子供に持たせる際には、子供用のiPhoneに独自のApple IDを発行するのではなく、親御さんのiPhoneのApple IDに付随した「子供用のApple ID」を発行しましょう。

            この設定は親御さんのiPhoneで行う設定です。これにより親御さんのiPhoneと子供のiPhoneを紐づけることができ、子供用のiPhoneを管理しやすくなります。

            ▼ファミリー共有の設定(親御さんのiPhoneでの設定)
            「設定」>「自分の名前」>「ファミリー共有を設定」>「今すぐ始める」>「お子様用アカウントを作成」>「子供の誕生日や名前を入力」>「承認と購入のリクエスト」>「利用規約を読んで、問題なければ『同意する』」

            ステップ2:スクリーンタイムの設定(親御さんのiPhoneでの設定)

            ファミリー共有の設定で、子供用のApple IDの設定が完了したら、スクリーンタイムの設定画面に移ります。

            その後の設定は以下の通りです。

            ▼スクリーンタイムの設定(親御さんのiPhoneでの設定)
            「続ける」>「子供用iPhoneの開始時間と終了時間を設定」>「個別アプリの使用時間を設定」>「コンテンツプライバシーを確認して『続ける』をタップ」>「『ファミリーが追加されました』と表示されたら設定完了」

            ステップ3:子供用のApple IDでiPhoneにサインイン(子供のiPhoneでの設定)

            ステップ1、ステップ2が完了したら、子供に持たせるiPhoneでの設定に移ります。

            先ほど作成した子供用のApple IDで子供用のiPhoneにサインインします。

            子供の現在地を確認することも可能!

            先ほど解説したステップ1〜3の設定が完了したら、iPhoneにデフォルトである「探す」というアプリを使うことで、子供の現在地を確認できます。

            子供と逸れた時や、連絡が取れない時には、活用して居場所を確認できます。

            子供用のiPhoneを買うなら「ナオセルフリマ」

            iPhoneを子供に持たせる場合は、落としたり、壊したりする心配があるので、新品のiPhoneではなく、中古のiPhoneを買い与えたいと考える方も多いです。

            そこで、子供用のiPhoneを買うのにおすすめなのが「ナオセルフリマ」です。

            ナオセルフリマには、少し画面が割れているiPhoneや一部の機能が使えないだけで日常使いには問題ないiPhone、さらには型落ちのiPhoneなどが格安で出品されていることが多々あります。

            お得にiPhoneをゲットしたいという方は、ぜひナオセルフリマをお試しください。

            ナオセルフリマはこちらです。
            ナオセルでお得にスマホを買おう

            子供が壊したiPhoneを売るなら「ナオセル買取」

            子供がiPhoneを壊してしまって、買い替える時には、ナオセル買取で査定依頼をお試しください。

            他のiPhone買取店では価値がつかないようなバキバキに画面が割れているiPhoneや、水没して電源が入らないiPhoneでも100%買取しています。

            壊れたiPhoneが自宅にある方は、ぜひ一度お試しください。

            ナオセル買取はこちら
            使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!

            子供のiPhoneに時間制限をつける際にはしっかりと話し合いをしましょう!

            iPhoneを子供に持たせる時には、時間制限を設定できる「スクリーンタイム」の機能を活用して、スマホ依存、ゲーム依存、さらには不適切なコンテンツから子供を守る必要があります。

            iPhoneが必要不可欠な時代だからこそ、子供のiPhoneに時間制限をつける際には、子供本人としっかり話し合いをしましょう。

            この記事を書いた人
            関連する記事