ナオセル
使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!
iPhoneのジャンク品は自分で修理できるの?基礎知識や注意点を解説!

iPhoneのジャンク品は自分で修理できるの?基礎知識や注意点を解説!

公開日 更新日
目次
  1. iPhoneのジャンク品を自分で修理したい思いますか?
    1. 自分でもiPhoneのジャンク品の修理はできます!
      1. ジャンク品iPhoneの修理に必要な「3つのもの」
        1. 必要なもの1:工具類
        2. 必要なもの2:交換部品
        3. 必要なもの3:専門知識
      2. iPhoneのジャンク品を自分で修理する際の「5つの注意点」
        1. 注意点1:Apple社公式サポートの対象外になる
        2. 注意点2:低品質な部品や工具を避ける
        3. 注意点3:事前にバックアップを取る
        4. 注意点4:ケガをしないように気をつける
        5. 注意点5:修理に失敗したら専門店に依頼する
      3. 壊れたiPhoneを売るなら「ナオセル買取」がおすすめ!
        1. ジャンク品のiPhoneを買いたいなら「ナオセルフリマ」
          1. iPhoneのジャンク品の修理は専門店に依頼するのが安全

            iPhoneのジャンク品を自分で修理したい思いますか?

            色々なものを自分で作ったり、修理をしたりする「DIY」が普及していますが、iPhoneも自分で修理したいと思ったことはありますか?

            iPhoneに限らずなんでも自分で修理する方が安く済みますが、その分、失敗するリスクや多くの注意点があります。

            そこで今回は、iPhoneのジャンク品を自分で修理する際に必要なものや、注意点について解説します。

            自分でもiPhoneのジャンク品の修理はできます!

            結論からお伝えすると、iPhoneのジャンク品は自分でも修理できます。

            iPhoneを自分で修理したいと考える方の多くは、修理費用を安く済ませたいという思いからではないでしょうか?

            しかし、iPhoneを修理するのには、専用の工具や交換部品が必要で、結果的に修理店に依頼する方が安く済む場合もあります。

            自分でiPhoneを修理することも目的を明確にしてから着手しましょう。

            ジャンク品iPhoneの修理に必要な「3つのもの」

            まずはiPhoneのジャンク品を修理するのに必要なものを3つご紹介します。

            必要なもの1:工具類

            まずはiPhoneを解体したり、修理パーツを設置したりするのに必要な「工具類」が必要です。

            一般的に使われているドライバーなどとは異なり、精密機器に使う専門的な工具が必要です。

            【iPhoneの修理に必要な工具類】

            • 星ねじドライバー
            • プラスドライバー
            • Y字ドライバー
            • フラットプラスドライバー
            • オープンツール
            • ピンセット
            • 修理マット


            基本的にはAmazonでも購入可能ですが、工具の品質もピンキリです。

            そのため、購入する工具は慎重に選びましょう。

            必要なもの2:交換部品

            iPhoneを修理するには、壊れたパーツを新しいパーツに交換する作業が中心となります。

            そのため、新品のパーツ、またはパーツ取り用として取得したジャンク品iPhoneから取り外したパーツが必要となります。

            新品のパーツもAmazonやフリマサイト、ECサイトなどで購入できますが、一般的に流通してるiPhoneのパーツは、Apple社の正規品ではなく「互換品」と呼ばれる社外品です。

            この互換品の品質は、製造元によりピンキリなので、こちらも十分に品質を見極める必要があります。

            必要なもの3:専門知識

            iPhoneのジャンク品を修理するために、最後に必要なものは「専門知識」です。

            iPhoneはあの小さなデバイスの中に小さなパーツがいつくも使われており、パーツを取り外す順番や取り外し方にも注意が必要です。

            さらに、修理をしている途中で少しでも水分が入り込んでしまうと、壊れてしまう危険性が大変高いです。

            YouTubeやネット記事にもiPhoneの修理方法は公開されているので、独学でも最低限の専門知識を学ぶことはできます。

            iPhoneのジャンク品を自分で修理する際の「5つの注意点」

            続いては、iPhoneのジャンク品を自分で修理する際の注意点について解説します。

            注意点1:Apple社公式サポートの対象外になる

            まず最初に注意すべきことは、自分でiPhoneを修理をするとApple社の公式サポートの対象外になってしまうということです。

            iPhoneを購入する際に「AppleCare+」に加入している方は、それも対象外となってしまします。

            注意点2:低品質な部品や工具を避ける

            iPhoneのジャンク品を自分で修理するためには、専用の工具と部品が必要と記事の冒頭で解説しましたが、工具と部品も低品質なものも一部流通しています。

            特に初めてiPhoneを自分で修理する方には、その見極めは困難な場合が多いのですが、工具と部品選びには十分に注意しましょう。

            注意点3:事前にバックアップを取る

            iPhoneの修理を始める前には、必ずバックアップを取りましょう。

            自分で修理をするのであれば、必ずしも修理を成功させられるわけではありません。

            万が一失敗して、iPhoneが壊れた場合には、新しいiPhoneを買う必要があるので、必ず事前にバックアップを取りましょう。

            注意点4:ケガをしないように気をつける

            iPhoneの修理には危険がつきものです。特にリチウムイオンバッテリーは少しの衝撃で発火する恐れがあり、取り扱いには注意が必要です。

            また、自分で修理する前は軽症だったiPhoneの故障も、自分で修理に着手して失敗して重症になることも考えられます。

            修理に着手する前には、修理箇所を事前に確認して、自分で修理できるかどうかを確認しましょう。

            注意点5:修理に失敗したら専門店に依頼する

            自分で修理して、失敗してしまった場合には、早めに専門店に修理を依頼しましょう。

            自分で修理に着手した時点でApple Storeの公式サービは受けられないので、全国にあるiPhone修理店に相談をしてみましょう。

            専門店でも修理ができない場合は、ジャンク品のiPhoneでも買取してくれるショップで買取してもらい、新しいiPhoneを買うしかないでしょう。

            壊れたiPhoneを売るなら「ナオセル買取」がおすすめ!

            iPhoneの修理に失敗して壊れてしまったら、ジャンク品のiPhoneに強い宅配買取サービス「ナオセル買取」をお試しください。

            他のiPhone買取店で買取不可になったiPhoneでも、ナオセル買取なら100%買取しています。

            バキバキに画面が割れたiPhoneでも、自分で修理をしていたのを途中で断念したiPhoneでも買取します。

            修理途中のiPhoneに関しては、事前にお問い合わせをお願いします。

            こんなiPhoneは売れないだろうと諦めていた方は、ぜひナオセル買取で査定依頼をしてみてください。

            ナオセル買取はこちら
            使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!

            ジャンク品のiPhoneを買いたいなら「ナオセルフリマ」

            iPhoneの修理に失敗してiPhoneを買い換えるのであれば、「ナオセルフリマ」をお試しください。

            ナオセルフリマには、画面が少し割れているだけ、一部の機能が使えないだけで日常使いには問題ないiPhoneなど、まだ使えるジャンク品iPhoneが割安で出品されていることがあります。

            フリマサービスなので、どんなiPhoneが出品されているかは、日々変動します。

            お得にiPhoneをゲットしたい方は、定期的に覗いてみてください。

            ナオセルフリマはこちらです。
            ナオセルでお得にスマホを買おう

            iPhoneのジャンク品の修理は専門店に依頼するのが安全

            iPhoneを分で修理するための部品や工具、専門知識もインターネットで取得することができます。

            しかし、自分で完璧に修理できるようになるには、部品や工具を選ぶ知識や、修理の技術の向上などが必要です。

            iPhoneの修理代を安く済ませたくて、自分での修理に着手した方でも、結果的に高くつくことも考えらるので、事前にしっかりと調べることをおすすめします。

            また、壊れたiPhoneを売りたいという方は、ぜひナオセル買取をお試しください。

            どんなに状態の悪いiPhoneでも100%買取するので、まずはお気軽に査定依頼をしてみてください。

            ナオセル買取はこちら
            使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!

            この記事を書いた人
            関連する記事
            【メルカリとナオセルの違いを徹底解説】壊れたiPhoneを売るならどっちが簡単!?
            【メルカリとナオセルの違いを徹底解説】壊れたiPhoneを売るならどっちが簡単!?
            最近では中古市場が盛り上がっているため、新しいiPhoneを買ったら、元々使っていたiPhoneをフリマアプリで売る方も多いのではないでしょうか? しかし、多くの場合はiPhoneを落としてしまって画面が割れたり、フレームに傷がついてしまい、完璧な美品の状態で中古出品できる方は少ないと思います。 そこで今回は、ジャンク品と呼ばれる壊れたiPhoneをフリマサイトで売る場合、フリマアプリの最大手アプリ「メルカリ」よりもジャンク品専門フリマアプリの「ナオセル」のほうがなぜ簡単なのか?について解説します!
            2022/10/15 05:59
            画面割れでも大丈夫!ジャンク品に強いナオセルならどんなに壊れたiPhoneも100%買取!
            画面割れでも大丈夫!ジャンク品に強いナオセルならどんなに壊れたiPhoneも100%買取!
            どんなに気をつけていても、ケースに入れていても、iPhoneの画面は割れてしまうことがあると思います。 どんなに画面が割れていても、ナオセルであれば買取可能なので、iPhoneを買い換える際には、ぜひナオセル買取に査定依頼をしてみてください。
            2022/10/22 16:03
            【ジャンク品買取のプロが解説】壊れたiPhoneを高く売る「7つのコツ」とは?
            【ジャンク品買取のプロが解説】壊れたiPhoneを高く売る「7つのコツ」とは?
            iPhoneユーザーの中には新作が出る度に買い替えたり、2年毎に買い替えたり、壊れたら買い換えるなど、様々なタイミングで買い換える方がいると思います。 しかし、新しいiPhoneを買っても、前のiPhoneをそのまま持っているという方も多いのではないでしょうか? iPhoneは人気が高いスマホなので、少し工夫するだけで思った以上に高く売れる可能性があります。 そこで今回は、壊れたiPhoneを高く売るコツを7つご紹介します!壊れたiPhoneを持っているという方は、ぜひ最後まで読み進めて、少しでも高く売れる工夫をしてみてください。
            2022/10/15 06:00