ナオセル
使っていないiPhoneナオセルが買い取ります!
【ジャンク品買取のプロが解説】壊れたiPhoneを高く売る「7つのコツ」とは?

【ジャンク品買取のプロが解説】壊れたiPhoneを高く売る「7つのコツ」とは?

公開日 更新日
目次
  1. こんなジャンク品の壊れたiPhoneでも売れます!
    1. 画面が割れている
    2. 電源が入らない
    3. 液晶が割れている
    4. 背面が割れている
    5. 水没した
  2. 壊れたiPhoneを高く売る「7つのコツ」
    1. 初期化する
    2. アクティベーションロックを解除する
    3. SIMロックを解除する
    4. 人気の機種やカラーは早めに売る
    5. 小さな画面割れは早めに売る
    6. 綺麗に手入れする、磨く
    7. 付属品を揃える
  3. まとめ

    iPhoneユーザーの中には新作が出る度に買い替えたり、2年毎に買い替えたり、壊れたら買い換えるなど、様々なタイミングで買い換える方がいると思います。

    しかし、新しいiPhoneを買っても、前のiPhoneをそのまま持っているという方も多いのではないでしょうか?

    iPhoneは人気が高いスマホなので、少し工夫するだけで思った以上に高く売れる可能性があります。

    そこで今回は、壊れたiPhoneを高く売るコツを7つご紹介します!壊れたiPhoneを持っているという方は、ぜひ最後まで読み進めて、少しでも高く売れる工夫をしてみてください。

    こんなジャンク品の壊れたiPhoneでも売れます!

    実は、使っていないiPhoneを持っていても、「壊れているから売れない」と諦めている方も多くいます。

    そこで、まずは壊れていても売れたiPhoneの事例をご紹介します。

    壊れて売れないと諦めていた方は、まずはこの項目だけでも見てみてください。

    画面が割れている

    こんなジャンク品の壊れたiPhoneでも売れます!
    壊れたiPhoneの多くが画面割れのケースです。

    しかし、画面の修理くらいであれば自分でできるという方も、ナオセルユーザーには多いので、画面割れ以外の機能が問題なく動作すれば高く売れる可能性もあります。

    電源が入らない

    電源が入らない
    こちらは電源が入らない上に、アクティベーションロックがかかっており、修復不可能な事例です。こちらはパーツ取り専用として販売されており、購入されました。

    壊れて画面がつかないiPhoneでも、状態が綺麗であれば売れる可能性があります。

    液晶が割れている

    液晶が割れている
    画面のガラスが割れているだけでなく、その下の液晶も割れているケースも多々あります。液晶が割れると画面に縦の線が入るのが特徴です。

    液晶が割れていても、タッチ操作は問題なくできるか?変色箇所はどの程度か?など、問題点を細かく記載することで、ナオセルでは売れる可能性があります。

    背面が割れている

    背面が割れている
    こちらは表面の画面だけでなく、背面も割れているケースです。
    人気機種ということもあり、両面が割れていても「43,800円」で売れています。

    特に人気機種の場合は、諦めずに出品してみると意外と高く売れるかも知れません。

    水没した

    水没した
    画面割れと同じくらいに水没して壊れてしまうiPhoneも多くあります。

    水没してしまったら使えなくなることもあれば、多少画面に水濡れの後が見えるだけのこともあります。

    しかし、水濡れの場合はいつ使えなくなるかわからないため、パーツ取り用として売れています。

    壊れたiPhoneを高く売る「7つのコツ」

    先ほどの項目で壊れたiPhoneでも売れる可能性が十分にあると知って頂けたと思います。

    そこでここからは壊れたiPhoneを少しでも高く売るために実践すべき「7つのコツ」をご紹介します。

    壊れたり、使わなくなったiPhoneが手元にある方は、まずは7つのコツを読んでから、ナオセルに出品してみてください。

    初期化する

    まず最初にすべきことは、iPhoneを「初期化する」ことです。
    ジャンク品のiPhoneでも初期化できているかどうかで査定に大きく関わります。

    「設定>一般>転送またはiPhoneをリセット>すべてのコンテンツと設定を消去」で初期化することができます。

    少しの手間で売れる金額が大きく変わるため、必ず初期化してから出品するようにしましょう。

    アクティベーションロックを解除する

    iCloudにログインした状態で電源が入らない・画面が壊れて初期化ができなくなってしまったiPhoneはアクティベーションロックがかかり、修理をしても再利用ができないため査定に影響が出てしまいます。

    この場合、他の端末からiCloud.comにアクセスして「iPhoneを探す」でデバイスを削除することでアクティベーションロックを解除することができます。
    https://support.apple.com/ja-jp/guide/icloud/mmfc0eeddd/icloud

    SIMロックを解除する

    最近は多くの方が格安SIMを使っているため、SIMロック解除済みのiPhoneの方が高く売れる傾向にあります。

    Apple StoreやAppleのオンラインストアで購入した方は、最初からSIMロックはかかっていません。

    ドコモショップなどでiPhoneを購入した方は、端末を購入したショップに問い合わせて、SIMロックが解除できるかを確認しましょう。

    人気の機種やカラーは早めに売る

    ファッションと同じように、iPhoneにもトレンドがあります。

    タイミングによって人気のカラーは異なり、高く売れていた人気のカラーもタイミングが少しズレると、値段が下がる可能性があります。
    使っていないiPhoneが人気カラーの場合は、早めに出品することで、高く売れる可能性が高まります。

    小さな画面割れは早めに売る

    iPhoneは小さな画面割れくらいの故障であれば、出来るだけ早く売った方が高く売れる可能性が高まります。

    小さな画面割れのiPhoneをそのまま使い続けると、液晶や有機ELパネルの故障にも繋がる可能性があり、そうなると売値が一気に下がってしまいます。

    綺麗に手入れする、磨く

    フリマサイトに出品する場合は、ジャンク品であっても、綺麗に磨いていた方が「丁寧に扱っている」という印象があり、高く売れる可能性があります。

    売る前に綺麗に磨くだけでなく、日頃から手入れをしたり、丁寧に扱うことで、使わなくなった時に高く売れる可能性が高まります。

    付属品を揃える

    iPhoneを購入した時に入っていた箱や付属品が全て揃っていると、iPhone単体で出品するよりも高く売れる可能性が高まります。

    家のどこかに収納しているという方は、出品する前に探し出すことをおすすめします。

    まとめ

    今回は壊れたジャンク品のiPhoneを高く売るための7つのコツをご紹介させて頂きました。

    使っていないiPhoneを持っているけど、壊れてしまったから売れないだろうと諦めている方は、ぜひ今回のコツを見ながらナオセルに出品してみてください。

    ナオセルはiOS向けの専用アプリもあります。まずはお気軽にアプリをダウンロードしてみてください。

    ナオセルで壊れたスマホを売ろう

    この記事を書いた人
    関連する記事
    【メルカリとナオセルの違いを徹底解説】壊れたiPhoneを売るならどっちが簡単!?
    最近では中古市場が盛り上がっているため、新しいiPhoneを買ったら、元々使っていたiPhoneをフリマアプリで売る方も多いのではないでしょうか? しかし、多くの場合はiPhoneを落としてしまって画面が割れたり、フレームに傷がついてしまい、完璧な美品の状態で中古出品できる方は少ないと思います。 そこで今回は、ジャンク品と呼ばれる壊れたiPhoneをフリマサイトで売る場合、フリマアプリの最大手アプリ「メルカリ」よりもジャンク品専門フリマアプリの「ナオセル」のほうがなぜ簡単なのか?について解説します!
    2022/03/13 13:41
    iPhoneが壊れた!画面が割れた!すぐに修理ができない時の対処法
    iPhoneは常に持ち歩いて使うデジタルガジェットです。いつ故障などのトラブルに見舞われるかわかりません。 そんな時は適切な対処を施し、できるだけ早く修理に出しましょう。 また、修理で直らなかった、買い替えたなどの理由で使わなくなったiPhoneはナオセルで売ってみましょう。
    2022/03/11 15:34
    【ジャンク品とは?】壊れた物だけではない!?ジャンク品とはどんな意味?
    ジャンク品と聞くと「壊れた物」や「使えない物」というイメージを抱く人は多いのではないでしょうか。使えない物=ゴミ、と認識している人も少なくないと思います。 大きくは間違っていません。ジャンク品は廃棄物のひとつの形態を指しています。しかし、単純に壊れた物、使えない物、ゴミ、というだけではありません。 英語のjunk(ジャンク)には「ガラクタ」や「役に立たない物」といった意味があります。その意味の通り、本来の利用価値が損なわれた物をジャンク品と言います。 一方で、販売する側にとっては「正常な動作を保証しない物」「保証対象外の物」といった意味合いが強いです。
    2022/04/01 14:33